建物譲渡特約付借地権とは

「借地借家法」の定期借地権には3種類が存在し、その中の1種類が「建物譲渡特約付借地権」です。
この建物譲渡特約付借地権は、契約の存続期間を30年以上に設定し、契約期間満了後には土地の所有者(地主)が土地を借りている人(借地人)から建物を買い取ることで、借地権が消滅する仕組みになっています。
ほかの定期借地権では土地を更地に返還する必要がありますが、前述したように建物譲渡特約付借地権は、土地の所有者が土地を借りている人の建物を買い取るということが目立って異なるところです。

また、建物譲渡特約付借地権は建物の用途の限定がなく、アパート、マンション、貸店舗、オフィスビル、社宅など、活用方法は多くあります。
登記は要しませんが、所有権移転か所有権移転請求権の仮登記はしないといけません。

そのほか、契約の更新が行なわれることはなく、契約時の書面は法律上では要りません。
ただし、最終的に契約が実行されることを考慮すると、売買契約書は取り交わしておいたほうが当事者双方にとってよいといえるでしょう。

建物譲渡特約付借地権のおおまかな特徴は以上ですが、別のページではこのページで取り上げたこととはまた違った建物譲渡特約付借地権の情報を提供しています。
同じ定期借地権の仲間である一般定期借地権や事業用定期借地権と比較をしたい人や、もっとくわしく建物譲渡特約付借地権のことを知りたいという人は、別のページの情報もぜひチェックしてください。